忍者アクセス解析と忍者アナライズの違い

忍者ツールズさんが提供するアクセス解析には、忍者アクセス解析と忍者アナライズの2種類のツールがあります。

どちらも無料で使えますが、どう違うのでしょうか?

どのアクセス解析を使えばいいでしょうか?


両者の共通点と違いについて、簡単に解説しながらまとめてみます。

忍者アクセス解析と忍者アナライズの共通の機能


忍者ツーズロゴ 

料金


料金はどちらも無料ですが、どちらも広告が表示されます。

PCでサイトを閲覧した時には気にならない程度ですが、スマホでの広告を嫌がる運営者さんは多いですね。

その他共通の機能


料金以外の忍者アクセス解析と忍者アナライズの共通点としては、
  • ページビュー上限(無制限)
  • ログ保存期間(最大4ヶ月)
  • リアルタイム解析
  • アクセスログ
  • ページURL置換

となります。

ページURL置換は、解析するページの名前を、自分で置き換える事ができるようです。(どのページかな?って把握するのに便利かも。)

忍者アクセス解析が優れているところ


忍者アクセス解析ロゴ 

携帯解析


スマホではなく携帯電話からのアクセス解析ができるみたいです。

う~ん、コレしか優れているところが無いような気がする・・・(´・ω・`)

忍者アナライズが優れてるところ


忍者アナライズロゴ 

解析可能ページ数


“ページビュー数”ではなく“ページ数”です。

忍者アナライズが無制限に対して、忍者アクセス解析は100ページの上限があります。

ページ別解析


どちらのアクセス解析でも可能です。

ただし、忍者アクセス解析はページごとに違うタグを貼り付けないと行けない(たぶん恐ろしく面倒)のに対して、忍者アナライズは同一タグで解析可能です。

アクセス除外


忍者アナライズは10ユーザーまでアクセス除外できるのに対して、忍者アクセス解析は1ユーザーしかアクセス除外できません。

その他忍者アナライズが優れているところ


忍者アクセス解析にできなくて、忍者アナライズにしかできない事は、
  • 滞在時間の取得
  • 直帰率の取得
  • 訪問者の会社名解析
  • 入り口・出口ページ解析
  • CSVダウンロード

です。

無料でこれだけできれば、ありがたいです!(^.^)

どちらを使えばいいか?


僕なら忍者アナライズで決まりです!

他の無料アクセス解析を使っても基本的に広告は表示されるので、この辺は妥協が必要かもしれませんね。


関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ